素材とチョコレートを合わせるということ

 

最近、「素材とチョコレートを合わせる」ということについてよく考えています。

 

つまり、その素材と、そのチョコレートのベストマッチを探っていると言っても良いかもしれません。

 

どのような素材を使うか、どんな加工をするか、どんな食感を残すか、どんな香りを感じてもらうか、チョコレートの産地・品種、チョコレートはブレンドするか、シングルビーンズを使うか、などなど・・・

 

作りながら、ふと、シンプルなケースがありましたのでご紹介します。

 

フリーズドライのフランボワーズ マンディアン

 

この素材は、フリーズドライのフランボワーズです。

 

フリーズドライとは簡単に言うと、冷凍させた状態で乾燥させる加工方法です。

 

新鮮な採れたてのフランボワーズを冷凍し、乾燥させてありますので、風味がとてもフレッシュです。

 

このフリーズドライのフランボワーズとチョコレートを合わせたお菓子が、当店では「マンディアン4枚入り」の中の1つにあります。

 

マンディアン4枚入り フリーズドライフランボワーズ入り

 

まず、フリーズドライのフランボワーズをフードプロセッサーで粉末にします。

 

フリーズドライのフランボワーズ粉末 マンディアン

 

これをベルギー製のホワイトチョコレートと合わせます。

 

フリーズドライのフランボワーズ ホワイトチョコレートと合わせる

 

ホワイトチョコレートといっても、たくさんの種類がありますが、ここではベルギー製のカカオ33%のものを使います。

 

このベルギー製のホワイトチョコレートの1番の特徴は、味わいがすっきりしていること

 

バニラの香りや、甘みが強いと、せっかくのフリーズドライのフランボワーズの甘酸っぱい酸味とフレッシュな香りが活かせません。

 

素材の味をストレートに出したい時によく使うチョコレートです。

 

マンディアン チョコレートの型に絞る

 

混ぜ合わせたものを、型に絞って固めます。

 

このピンク色がなんとも言えない可愛さです。

 

マンディアン4枚入り

 

素材とチョコレートが合わさって、1つのお菓子になる。

とても面白いですね。

 

今回はとてもシンプルなケースでしたが、ボンボンショコラなどではもっと複雑な組み合わせもあります。

 

素材とチョコレートの組み合わせは無数にあります。

 

無数にあるからこそ、楽しみは尽きませんね。

 

オンラインショップ

マンディアン4枚入り

https://chocolate-branch.stores.jp/items/5e5c743fdee1bc4bfa30a9bf

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL